わたしは、ダニエル・ブレイク Amazonプライム

スポンサーリンク
『麦の穂をゆらす風』などのケン・ローチ監督作!映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』予告編

 

Amazonプライムで観られる映画から、今回はこちらをご紹介いたします。

2017年に日本で公開された映画です。

 

主人公はダニエル。

心臓発作のため、長年働いてきた大工を辞めなければならなくなった。

ドクターからは「仕事をしないように」と告げられ、国の社会保障を受けるために役所へと手続きへ。

 

どこの国でもあるような、決まったルールに基づいて、煩雑な申請を続けるダニエル。

病院と公の場がリンクされてないがゆえの、堂々巡りの意見の対立がダニエルを苛立たせるのです。

 

ヒツジは1度だけ失業保険を申請したことがあるけれど、その時は結構な不景気。

ハローワークには日本人以外にも人があふれていた記憶があるものの、さほど冷たい印象はないのです。

ヒツジの年齢がまだ30代半ばであったことと、国家資格やIT資格を持っていたこともあってハローワークとしてもムゲには扱わなかったのかも知れないですね。

その時は結果的に「会社都合」での退職で1カ月ほど失業手当をもらって、すぐに次の仕事が決まったので悪い印象がないのかも。

 

映画の中で、ダニエルの社会保障の申請はまったくすすみません。

履歴書を書いて提出しろ(まぁこれは書いた方がよかったかもですね)、就職活動を週35時間以上したという証拠の写真をスマフォで撮ってこいetc…

行政から見ると、ダニエルは「老害」と思われるのかも知れませんが、ダニエルはただ「尊厳」を訴えていたのでしょう。

ある日、同じく申請の場でもめているシングルマザーのケイティを助けることになります。

ケイティもまた社会的弱者で、申請をするものの煩雑な手続きの壁に阻まれます。

食べる物も底をつきかけ、ケイティはダニエルと一緒にフードバンクへとでかけます。

そこでのケイティの行動に、ヒツジは久々に映画を観て涙を流しました。

たくさんの食べ物を前にケイティがとった行動とは…

おっと誰か来たようだ…

 

ダニエルは決して「老害」ではありません。

近くに困っている人がいたら助ける勇気を持った人間です。

すべての公の人たちが冷酷で支援を阻んでいるとは言いませんが、この映画では公の人たちと、普通の人々の優しさが対比されています。

 

ダニエルは自分の尊厳を守るため、最後まで行政と戦おうと支援を探します。

そして最後に…

 

週末に観るには少し重い内容の映画でした。

ダニエルのハッピーエンドな話ではなく、最後は静かに終わります。

真面目に働き続け、税金を払い続け、最後は行政から冷たく扱われたダニエルの一生ですが、最後の場面では公の場で唯一理解者だった女性が現れます。

ダニエルが残した大きな1歩を思わせるエンディングですね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
ぽちっとしていただけると感謝(^▽^)/

このブログでは illust STAMPO さんのイラストを利用させていただいております。
写真はフリー素材「ぱくたそ」さんを利用しています。
ありがとうございます(#^^#)
大変お世話になっておりますいらすとやさんには心から感謝です。

タイトルとURLをコピーしました