レジでイキる小っせぇ男 ちょっと聞いてよの話

スポンサーリンク

今日ね、会社で必要なものがあってスーパーへ寄ったのだけれど。

そこでの出来事ちょっと聞いてもらえます?

 

お客さんはまぁ、まばらだったわけですよ。

あいているレジは2つ…。

いや3つ。でも1つは「ライト」が消えていて、ヒツジはレジが稼働しているのかどうか不明だったので、1人後ろに並んで違う列にいたわけですよ。

でもって本日の主役の「サラリーマン多分40歳くらい」。

ヒツジの次に並んだわけね。

で、ヒツジが会計終えて、いざそのリーマン40男の番になった時。

男「おい、あのレジ(レジ番号灯火されてないところ)やってんのか?」

ってどなりはじめたわけ。

まぁね、ヒツジも会計の途中で気づいたわよ、単なる灯火し忘れで向こうのレジは稼働してたってことをね。

でも聞くの面倒くさいし、1~2人並べばしゃべらずに会計が済むわけだから、別に「あぁそうだったのね」程度に思っていたわけ。

男「おい、あのレジやってんのかどうか聞いてんだよ」

ヒツジの心「見りゃわかるだろ、残念ながら動いてるよ」

レジの女性「無視」
ここは返事をしてほしかったけど、はなから怒鳴る男に対応する理由もないわね。

男「おい、やってんのかどうか返事しろよ」

ヒツジの心「だから、聞かずにこの列にならんだあんたの負けだよ」

レジの女性「やってますねぇ。電気忘れたみたいですね」

男「はぁ?ありえねぇだろ?俺は並んでんだぞ」

ヒツジの心「でしょうねぇ、で、あなたの番がきたからいいじゃないですか?」

レジの女性「すいません」

男「はぁ?ありえねぇだろ?それだけ?すいませんだけ??」

ヒツジの心「それ以上何を要求してんだよぉ、恐喝だよ恐喝」

レジの女性「ぴんぽ~ん♪」とヘルプボタン出動

別の従業員「どうされましたか?」

男…恥ずかしがりもなく、いま起こった小さな出来事を大きな声で伝える。

別の従業員「では、こちらでお話をお聞きします」
はい、別室へお通しでぇす!!

 

ここらあたりで男は周りの女性の視線に気づいた模様…。

パワハラ!

パワハラ!

ちいせぇ男!

男「もういいよ。荒立てても仕方ないことだからな」

ヒツジの心「おめえが一人で荒立ててるんだろうが!」

男「これからも世話になる店だから別にいいよ」

ヒツジ「来るな、ば~か!」

男…お支払い、現金払い、小銭探す、スマートじゃない、もう最低!!

 

っていう、さっき起こった出来事でした💦

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
ぽちっとしていただけると感謝(^▽^)/

このブログでは illust STAMPO さんのイラストを利用させていただいております。
写真はフリー素材「ぱくたそ」さんを利用しています。
ありがとうございます(#^^#)
大変お世話になっておりますいらすとやさんには心から感謝です。

タイトルとURLをコピーしました