隣の人が一時意識不明に… 献血を趣味とするヒツジ

スポンサーリンク

マイカーを手にいれたヒツジ。

来年度から通勤に使用する予定なんですが、今年度は週末しか乗りません。

最近の車はよっぽど大丈夫なんでしょうが、週末くらい乗らないとバッテリーあがりそうで💦

かといって無駄な買い物に行きたくもないしね。

ヒツジは献血を趣味とすることに致しました。

お家からちょうど1時間弱の場所におおきな献血センターがありまして駐車場完備。

休日のドライブには最適でしょ?

しかもお菓子(最近は種類が減りましたな)と飲み物飲み放題!!

いや世のためになれる(`・ω・´)

まさにwin winの趣味と言えましょう…。

 

でね、週末に献血へ行ってきたわけですよ。

 

立派にコロナ太りをしたヒツジさんは潤沢に血液も出ましてね。

前回同様調子よく成分献血が進んでおりました。

気分良~く、kindlefireにため込んだ映画を観ていたその時でございます。

看護師さんたちが一斉に誰かの名前を呼んでこっちへ向かってくる!!

でもその名はヒツジではない!

目的地はヒツジの椅子ではなくそのお隣でごいました。

どうやら隣のご婦人が一瞬意識がなくなったらしく緊急事態発生だったようです。

と言うよりも、どうやら献血中に熟睡され腕がひじ掛けから落ちた模様…。

で、熟睡された理由が水分摂取不足による低血圧だと…。

朝からコップ1杯の水分しか摂取してなかったらしいですよご婦人は。

その時ヒツジは思いました。

やべ、ヒツジもコーヒー2杯で献血に挑んでる💦

 

かくしてヒツジは献血終了後いつも以上に水分補給をしっかりしたのでありました。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
ぽちっとしていただけると感謝(^▽^)/

このブログでは illust STAMPO さんのイラストを利用させていただいております。
写真はフリー素材「ぱくたそ」さんを利用しています。
ありがとうございます(#^^#)
大変お世話になっておりますいらすとやさんには心から感謝です。

 

タイトルとURLをコピーしました