のせられて…縄跳び跳んだら死ぬほどキツかった

スポンサーリンク

先日も子どもの運動時間に便乗して外へ飛び出したヒツジ。

さぁて、ダイエットのために縄跳びでもするかな…

と、子どもの縄を拝借して、ゆっくりまったり、とてもダイエットとは思えぬ優雅さで跳んでおりました。

最初はいつもの様に、

わぁ、ヒツジ先生上手~!!

などとおだててくれるので、調子にのって跳び続けておりましたところ…

観客がひとり増え、ふたり増え…

結構な人数が集まりましてね。

「ねぇ、みんなでいくつ数えられるか挑戦しよ!」

って、縄跳びの応援から、自分たちの「数かぞえ競争」へと目的が変わり…

い~ち、に~い、さ~ん、

と始まるじゃありませんかぃ?

数を数える競争となったら、そりゃぁ少しでも多く数えさせてやりたいのが親心、いや先生心ってやつでしょ?

ヒツジは必死で跳び続けること65回💦

がちで、死ぬかと思ったよ。

でも、できることなら100まで数えさせてやりたかった…。

転職前にリベンジだ!!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
ぽちっとしていただけると感謝(^▽^)/

このブログでは illust STAMPO さんのイラストを利用させていただいております。
写真はフリー素材「ぱくたそ」さんを利用しています。
ありがとうございます(#^^#)
大変お世話になっておりますいらすとやさんには心から感謝です。

タイトルとURLをコピーしました