オペ当日、愛犬「すもも」 病院からの電話…

スポンサーリンク

最近体調を崩していたヒツジの愛犬「すもも」さん。

獣医師さんたちのコロナ感染の影響で10日程遅れて手術の日を迎えました。

朝一番に病院に入り、レントゲンと血液検査。

前回と数値も変わらず、ただ食欲にムラが出てきたのと、呼吸を時折辛そうにしているのが気にはなっていました。

あとは「吠えなくなった」こと。

素人目でも「喉に何か異常がありそう」とは思っていたんですが、さすがに動物生態学に知識があるわけでもないヒツジ。

吠えなくなったことはDr.には伝えていたものの、腫れもないし外からは見えないのでDr.も重要視していなかったのだと思います。

病院では「すもも」さん、通常吠えたりしなかったですしね…。

 

ただ日々辛そうではあったので、歯垢と口腔内の出来物の除去をすれば少しは「すもも」も楽になるんだったらという気持ちと、Dr.の「これから心臓病も進行していくだろうから、やるなら今かなって気はします」という言葉で全身麻酔のオペを承諾して帰宅。

別れ際に「すもも、がんばってね、あとで迎えにくるからね」とかけた言葉が最後となりました。

 

帰宅してからのヒツジ、やらなきゃいけない仕事はあるものの、お昼が近づくにつれてどうにも身体が辛い💦

横になってうとうととしておりました。

多分体調が悪くなたのは、「すもも」さんの手術と同じくらいの時間だったのだと思います。

気のせいだろうな…と思いながら、うとうとを継続していたところに電話。

「麻酔をかけたところで呼吸困難となり、気管挿管をしようと思ったら喉に腫瘍があって入らない」

「すぐに来られますか?」

電話を受けてすぐに「すもも」が虹の橋を渡りかけていることを察したヒツジ。

不思議なものです、いたって冷静に動物病院へと車を走らせました…

続く。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
ぽちっとしていただけると感謝(^▽^)/

ひつじ のROOM - 欲しい! に出会える。 (rakuten.co.jp)

このブログでは illust STAMPO さんのイラストを利用させていただいております。
写真はフリー素材「ぱくたそ」さんを利用しています。
ありがとうございます(#^^#)
大変お世話になっておりますいらすとやさんには心から感謝です。

タイトルとURLをコピーしました