映画SABAKANを観た夏の終わり… 昭和な人には心からおすすめです

スポンサーリンク

夏の終わりを感じながら映画を観てきました。

「SAVAKAN」配給:キノフィルムズ

8月19日公開『サバカンSABAKAN』380(サバ)秒予告

個人的には、SMAP時代からあまり好きではなかったヒツジ。

ましてや新しい地図になってからのメンバーの路線はもっと好きではなく。

ただ、なぜかこの映画だけは観たくなってしまったんですよね…

 

主人公の両親役「尾野真千子さんと竹原ピストルさん」。

このふたりがまた、なんか良い感じで映画を支えているんですよねぇ…。

尾野真千子さん、好きですわぁヒツジ。

品はないけど人間味があるというか、強気な女性だけれどどこかチャーミングさがあるというか。

でね、剛君の子ども時代役の番家一路(ばんかいちろ)くんの演技が、その昔の「たけしくんハイ」の小磯 勝弥君を彷彿とさせるといいますか!!心奪われましたよ。

 

ストーリーはもう、

夏休みにあるであろう冒険やら、

夏の終わりに起こりうるであろうこと、

そして子どもの世界でゆれうごく「友だち」というキーワード…

 

想像ができるのに、涙が出てくるという、ストーリーでした。

途中わずかに登場する貫地谷しほりさんが、また良い感じで主人公の二人を包み込み消えていく感じ…。

貫地谷しほりさんも本当に深みのある女優さんになりつつありますね。

 

久々にエンドロールまでずっと観入ってしまいました。

が、観入った先に「残念ポイント」があったのです。

まぁどうでも良いって言う人にはどうでも良い話なんですが、この映画「スシロー」が絡んでるんですよ。

不祥事続きのFOOD & LIFE COMPANIES、直近ではこんな記事もありましたね。

スシロー「マグロ偽装疑惑」報道を説明 偽装行為は否定「全くございません」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
 回転ずし大手「あきんどスシロー」は31日、一部週刊誌に“マグロ偽装疑惑”を報じられたことを受け、公式サイトで説明。「対応窓口にお問合せをいただきましたお客さまに対して、誤った内容のご回答を差し上げ

真意はともかく、食品会社としては致命傷的不祥事の連続。

できれば知りたくなかった💦

と思ったら、剛くんのYouTubeでがっつりタッグを組んでました(笑)

【映画SABAKAN】公開直前!主演の2人とお寿司を食べながら映画について語ります!

 

そこだけが残念部分で、映画そのものは、昭和な方にはぜひぜひお勧めな夏の終わりのストーリーでした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
ぽちっとしていただけると感謝(^▽^)/

ひつじ のROOM - 欲しい! に出会える。 (rakuten.co.jp)

このブログでは illust STAMPO さんのイラストを利用させていただいております。
写真はフリー素材「ぱくたそ」さんを利用しています。
ありがとうございます(#^^#)
大変お世話になっておりますいらすとやさんには心から感謝です。

タイトルとURLをコピーしました