映画「ブレット・トレイン」を観て来ました 真田広之さんのスパイス

スポンサーリンク

仕事は山ほどあれど、気分転換も必要なので…

出先でもできる仕事を持って映画館へ。

(待ち時間も惜しいので、ロビーでひたすら仕事をしていたヒツジでございます💦)

今回の映画はこちら。

ブレット・トレイン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

ブラッド・ピット×伊坂幸太郎主演!映画『ブレット・トレイン』US予告1

 

なんだろう、評価の★が多い割にはヒツジ的には中盤まで何度も「席を立ちたい」衝動に駆られてしまいました。

※結局最後まで観たのでがっかりしないでね💦

なんか、イメージ的にはチャーリーズエンジェルのブラットピット版?みたいな…

チャーリーズエンジェルなら、キャメロン・ディアスとかドリュー・バリモア、ルーシー・リューのチャーミングさで、少々の雑な作りも全然許せるじゃない?(ヒツジだけか?)

だけど、ブラットピットの場合、トム・クルーズと違って年齢相応にキレがなくなって、私生活もなんか面倒くさい老人になりそうな感じ。

そんな彼が主演なので、映画全体の勢いも「ある」のに「ない」みたいな!?

あとはね、コロナの影響かとは思いますが、舞台が「日本」であるのに実際の日本ではなく、外人目線のイメージ化された日本なんですよ。

メイクはチャイナよりの、目じり上がったキツネ目女性ばかり。

男性も一重もしくは目の小さなチャイナよりの、よくある外国映画で出てくる日本人ばかり。

エンドロールを観てもチャイナ系の名前がたくさんあったので、エキストラさんは日本人じゃないのかも知れませんね。

日本人のヒツジとしては、観ていて違和感満載だったのも原因の一つかと。

拝啓、トム・クルーズ様…相変わらずやってくれるよね。トップガンマーヴェリックを観た。
先日、意を決して休日もないのに計画したこと。 映画を観に行く。 決行当日、持ち帰り仕事どころか、翌日の準備すらまったくできていない「休日」という名の在宅勤務日。 相変わらず完全休日のない日々を送っております。 このままでは本...

 

ただね、中盤まで我慢(?)して観ていくと、脇役の方々に興味がわいてくるわけです。

まぁ、みかん&レモンとか(笑)
観た方のみ分かるキーワードですね…

 

映画の中盤以降で俄然力を発揮してくるのが、真田広之さんですよ。

海外で活躍されている真田さんの安定度と言ったら。

もやもやしていた映画に、ピシッとキレを投入している感じがありました。

もう、殺陣に関しては想像を絶する気持ち良さがあり、最後に鞘に刀を納めるシーンなんて拍手ものですよ。

 

あとは、サンドラ・ブロックがほとんど出てこなかったのも、ヒツジ的には残念ポイント。

どうみても「触ったでしょ?」っていう鼻がチャームポイントですが、ヒツジが大好きな海外の女優さんの一人ですが、今回は声はちょいちょい登場するものの、絵ずらとして登場したのは最終シーンのみ。

であっても存在感はブラッドピットを超えている!!

 

もう1回観たいか?と問われれば、1回観たから大丈夫って答えるかなぁ…

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
ぽちっとしていただけると感謝(^▽^)/

ひつじ のROOM - 欲しい! に出会える。 (rakuten.co.jp)

このブログでは illust STAMPO さんのイラストを利用させていただいております。
写真はフリー素材「ぱくたそ」さんを利用しています。
ありがとうございます(#^^#)
大変お世話になっておりますいらすとやさんには心から感謝です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました