今さらながら「愛の不時着」~エピソード10~

スポンサーリンク

「愛の不時着」エピソード10まで

 

38度境界線

「愛の不時着」沼に入りつつあるヒツジです。

もうね、胸が締め付けられたわ。

38度境界線での二人には…

セリの涙が可愛いこと。

そしてリ・ジョンヒクの肩幅の安心感(笑)

チョ・チョルガンは相変わらずking of 悪人だわ。

すんなり裁判で有罪が出たと思ったら、

意味深な言葉を残して逃げるなんて。

リ・ジョンヒクと一緒にヒツジも考えちゃったわよ、

「1つ見落としたもの」って何????

スポンサーリンク

 

リ・ジョンヒクロスは私も同じ

セリは意外とすんなり南へ戻ったわ。

バリバリ働くセリ社長も魅力的。

相変わらず家族の中の悪さも気の毒だけど、

最も悪いと思われていた、

母親の気持ちの動きがこれまた興味深いわね。

社長に戻ったセリは、

会社を立て直すために

孤軍奮闘しているけれど、

あきらかに、

「リ・ジョンヒク」ロスの様子。

眠れぬ夜を過ごしたり、

木陰のざわめきに、

リ・ジョンヒクがいるんじゃ?

みたいな幻想から現実に戻って泣いたり。

ヒツジも同じ、リ・ジョンヒクを想ってる…。

 

えっ?うそ?えぇぇ!

そんなセリとヒツジの前(?)に、

現れたわよ、

チョ・チョルガン(; ・`д・´)

そして、

リ・ジョンヒクが!!

おっと誰か来たようだ…しーっ。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
ぽちっとしていただけると感謝(^▽^)/

このブログでは illust STAMPO さんのイラストを利用させていただいております。
写真はフリー素材「ぱくたそ」さんを利用しています。
ありがとうございます(#^^#)
大変お世話になっておりますいらすとやさんには心から感謝です。

タイトルとURLをコピーしました